読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育て相談室 根っこのこどもたち

子育てがうまくできないってつらくなったら読んでください。心が軽く、気持ちが楽になります。

映画『沈黙‐サイレンス‐』。。。

f:id:gayuumori:20170201102008j:plain

先週、映画『沈黙-サイレンス-』を観て

一撃をくらった。

みっしり詰まった羊羹みたいな感動。

 

言葉になったのは

一週間後の今日だった。

 

朝5時、

まどろみの中で

「より多く愛する者が、よりたくさんの愛を受け取る」

と聞こえたような気がして、目が覚めた。

 

どこに視点を定めるかで映画の観方はさまざまあるだろうけれど、

わたしはキチジローを通して、「信じる」という心のありようを見つめた。

 

窪塚洋介さんが演じた隠れキリシタン、キチジローは

何度も何度も何度もご絵を踏む。

「こんなに弱き者の俺のことも、神さまはきっと許してくれる」と信じて。

 

他の誰よりも神の愛を疑っていないように見えた。

キチジローが何度踏み絵を踏もうとも、

その姿は信仰を棄てたのではなく、

彼が、その生き方よりも心のありようを選んでいるように見えた。

 

こんなわたしは愛されるはずがない、と思う罪悪感は

愛を信じること、愛を受け取ることを拒んでしまう。

ありのままの自分自身を受け入れる強さがキチジローにあったからこそ、

神の愛、神に許されることを信じることができたのだ。

キチジローの心から神への愛を奪うことはできなかった。

だから、迷わずご絵を踏むことができたのだと、

そう思えた。

 

心のありようが定まれば、自ずと生き方は見えてくる。

そうであれば、もう迷うことはなくなる。

 

生き方に心を合わせるのではなく

自分の心にふさわしい生き方をしたい。

 

 

「許されている」、「愛されている」

と信じるキチジローの心のありようは

本物の信仰なんだなあと思った。

 

演じた窪塚洋介さんは本当に、本当に、本当にすごい。

 

 

「主よ、あなたは何故黙ったままなのですか。」と

問いかけ続けるロドリゴ神父についてはまた今度。

 

もりやゆうこ 根っこのこどもたち

nekkomori.jimdo.com