読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育て相談室 根っこのこどもたち

子育てがうまくできないってつらくなったら読んでください。心が軽く、気持ちが楽になります。

「君もいつか…」は映画『君の名は。』奥寺先輩の名セリフ。。。

パートナーに対して、

こうしてほしい、ああなってほしいと求める心が

どうしてもやまない。

それまではそういうことが時々あった。

 

そんな頃、

図書館で偶然ロシア映画『父、帰る。』のDVDを見つけた。



衝撃のラストシーン。

で、はっきりと分かった。

本当は知ってたから。ちゃんと分かった。

「あの人が生きているだけでいいんだ。」

翌朝、夫にもこどもたちに伝えた。

 

あっという間に

家中にほっとした空気が流れ出した。



*******

どうしようもなくお互いに求め合ってしまう時、

もしかしたら

相手(パートナー)が違うのかもしれない、と思う。

 

この人じゃない、この人じゃない、この人じゃない、

って心が暴れだす。

 

人は、

自分の運命を全部知っている状態で生まれてきている。

 

どんな人、物、出来事、言葉、時と出逢って、どう生きるのか、

 

どんな仕事をするのか、

 

誰を愛するのか。

 

違うことをすると、

不安になる。

怒りたくなる。

 



 

 

 

*********

 

映画『君の名は。』を三度目にして初めて、やっと恋愛ものとして観ることができた。

 

あの映画には仕掛けがてんこ盛りで、

一度目、二度目は衝撃クラッシャーで身も心も粉砕状態。

「なんだー、そうかあ…。見に行ってたんだ!

だーーから!間違わないんだ。そうだったんだあ。」とか、

「羊飼いだったんだ…。」とか、

頭の中が意味不明なつぶやきだらけになって泣いてしまった。

 

三度目はさすがに余裕で、

気になってた奥寺先輩の台詞とかもじっくり味わうことができた。

 

 

「前はわたしのことちょっと好きだったでしょ?

でも…今は別に好きな子がいるみたい

 

「君もいつかちゃんと、幸せになりなさい」

 

 

 

 

ラストシーン。

瀧は三葉とすれ違う。

瀧には誰なのか分からない。





でも、間違いなく、知っている。



「君のこと、ずっと前から知っていた気がする」

「…わたしも」

 

 

 

********

息子が4才の時、前夫と3人で暮らしていた家を出た。

 

「今度は

 ママのことをちゃんと見て、

 ママのお話をちゃんと聞いてくれる人と

 結婚しようね。

 ぼくも一緒に探してあげるから、

 大丈夫だよ。」

 

 

二人暮らしが落ち着いた頃、

息子はそう言って

にっこりと微笑んでくれた。

 

 

 

それから15年後、

3年前。

 

「もう、大丈夫そうだね。」

とつぶやいて息子は巣立っていった。

 

f:id:gayuumori:20161016095736j:plain

 写真は20年前当時2歳だった息子が『写ルンです』で撮ってくれたものです。

使い捨てカメラは今も健在なんだそうですね~

 

【子育て相談室 根っこのこどもたち】