読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育て相談室 根っこのこどもたち

子育てがうまくできないってつらくなったら読んでください。心が軽く、気持ちが楽になります。

母と娘。ありのままで、受け入れることの難しさ…

男の子はありのままのお母さんを受け入れることが多いのだけれど、

女の子は自分の理想像をお母さんに望むことが多くて、

「もっと良くなってほしい。」という要求はけっこう厳しいものがある。

それも愛とは感じるけれど、なるべく早めにあきらめて

ありのままを受け入れるのが良いだろう。

逆もまた然り。

 

母とはあまりにも個性が違いすぎて、

お互いに理想を押し付けあって

相手から差し出されているものがずっと目に入らなかった。

今は「いつか理解し合えるだろう」

と思えるくらいに距離を置いている。

きつかったのはきっとお互い様だっただろう。

離れたら本当に楽になった。

「お母さんはお母さんなりにゆうこを愛しているんだ。
愛情のかけかたがおまえとは違っているだけなんだよ。」

という父の言葉は支えだったけれど、

 

「母心」が「心配」に変形した「愛情」という「支配」は苦しい。

子どもは親に対してはついつい「愛情」を求めてしまうし、

それをやめるのはなかなか大変だ。

 

 

 

もりやゆうこ【子育て相談室 根っこのこどもたち】

http://nekkomori.jimdo.com/

f:id:gayuumori:20160313101819g:plain