子育て相談室 根っこのこどもたち

子育てがうまくできないってつらくなったら読んでください。心が軽く、気持ちが楽になります。

まなざしの記憶。。。

娘が赤ちゃんの時、息子が言った。 「ああ、やっと分かったよー。 ママがどんな気持ちで僕を見ているのかが。 こういう気持ちなんだねえ。」 その言葉を聞いてすごくびっくりした。 息子が赤ちゃんだった頃に、わたしも同じことを思ったから。 「ああ、お父…

前前前世は。。。

小さな女の子は、凡ての過去を愛しむように言った。 「私ね、 嫌な思い出は思い出してもいいんだけど、 良い思い出は思い出したくないのよ。 だって、その時に戻りたくなっちゃうじゃない。」 「嫌なことがあってもね、心を今に集中させれば忘れるのよ。 人…

映画『沈黙‐サイレンス‐』。。。

先週、映画『沈黙-サイレンス-』を観て 一撃をくらった。 みっしり詰まった羊羹みたいな感動。 言葉になったのは 一週間後の今日だった。 朝5時、 まどろみの中で 「より多く愛する者が、よりたくさんの愛を受け取る」 と聞こえたような気がして、目が覚め…

「I want to~(~したい)」に気づくこと。。。

実際、 “インナーチャイルド”も“トラウマ”も“シマウマ”も あなたを苦しませることは本当はできません。 なぜなら、 あなたはもう小さなこどもではないからです。 あなたに、 罪悪感やを感じさせている本当の正体は、 生まれる以前に自分で決めてきた「運命」…

涙のわけ。。。①男の子

「言葉」にできない想いはそのまま受けとめる。 無理に吐き出す「言葉」が傷口を広げてしまうこともあるから。 「涙タンクがいっぱいになったのかも。」 幼かった息子はしばしばよく泣いていた。 涙がどんどん溢れてポロポロこぼれてくる。 よく泣く男の子。…

たったひとつ間違えただけで 。。。

一人ひとりがもともとは、「お母さん」じゃなくてたった一人の素敵な女性だったってことを 知って欲しいと、思う。 お母さんたちの 素敵な、言葉美しい、表情温かい、想い どれもが みんな映画のワンシーンのように魂を震わせる。 知って欲しいと心から思う…

父と電車に乗った。。。

父と電車に乗った。平日の正午過ぎの電車は空いていて、わたしと父は並んで座った。 「わたしは『社会不適応者』なの?」 って尋ねた瞬間、涙がこぼれた。 「大丈夫だよ。ゆうこは学生なんだ。まだ社会に出ていないだろう。それに、社会に適応出来ている人間…

「ここに来てよかった」。。。

「今日いらしてくださったお客様ね、とっても素敵な方だったのよー!」 コンサルティングの仕事を終えて、 夕方児童クラブに娘を迎えに行って車に乗ると、 わたしはいつも娘にこう言っています。 気がついてみると、いつもいつもいつもです。 「あぁ、この人…

「君もいつか…」は映画『君の名は。』奥寺先輩の名セリフ。。。

パートナーに対して、 こうしてほしい、ああなってほしいと求める心が どうしてもやまない。 それまではそういうことが時々あった。 そんな頃、 図書館で偶然ロシア映画『父、帰る。』のDVDを見つけた。 衝撃のラストシーン。 で、はっきりと分かった。 …

究極の全受容、全肯定は。。。

《頑張らないのイメージは》 「かっこつけて難しいことをやろうとするなよ。6割ぐらいの力でできる簡単なことでいいんだ。」無理をしない、頑張らない、のイメージを、父は6割という言葉で示してくれた。 「ゆうこは、『頑張れば自分はもっとできるんだ』…

ねえママ、心はもともと強いものだと思うの。。。

小学校で初めてマラソンをした一年生の頃、 「ねえママ、心って弱いの? 先生はマラソンをすると心が強くなる、って言うのよ。 でも、私は、心はもともと強いと思うの。 私の心は弱いの?だからマラソンで強くしないといけないの? 私は走るのはイヤじゃない…

『感じる子育て』って。。。

私は皆様に「感じる子育て」をおすすめしていますが、 「感じる」というのは「観察する」と言い換えても良いかもしれません。 「観察する」というのは「見る」というのとは違います。 まず、大切なのは五感を研ぎ澄まして、心を鋭敏にしている、 いつもそう…

ママのことは大好きだけど、ママの子育ては風変わりだと思う。。。

「ママのことは大好きだけど、ママの子育ては風変わりだと思う。」 と息子に言われたことがありました。小学3年生の時でした。 でも、高校生になって自分自身で様々な情報を取れるようになると、 「風変わりな子育て」の理由や意味を後付けしてくれるように…

もしも、自分の運命を思い出せたならば。。。

☆コンサルティングについてのご説明☆ もしも、自分の運命を思い出せたならば、いったい何が起こるのでしょう。 ①安心感②ワクワク感③感謝 この三つが、身体の奥深く、お腹の辺りからドンドン湧き出てくるようになります。それらは決して涸れることのない泉の…

「生きるもよし、死ぬもよし、全てよし」は究極の全受容。。。

幼い頃から、ぼんやりと空や雲や花や虫や鳥を眺めているのが好きでした。 父は「無為安閑として時を送るもよし。ゆうこは怠け者なんだね。」と言いました。 思春期の頃、 勉強は全くせずにゲーテの『若きウェルテルの悩み』とかヘッセの『車輪の下』とかジッ…

愛をうけとること。。。

《 トークライブお客様の声》 ゆうこさんと初めてお会いしたときの、ゆうこさんのまわりにある独特の空気感、お話しをしているときの、ふわっとやわらかく美しくて、芯のあるゆうこさんの言葉遣いが忘れられず、ゆうこさんがトークショーを開かれていること…

私がこの講座を受けたかった理由は、要する に、こういうこと。。。

《 「魔法の話しかけ」お客様の声》 ゆうこさん、こんにちは。 先日は私のために時間を下さってありがとうございました。 感想をまとめるのに時間がかかりお待たせしました(その後花粉症がひどくなり・・・)。 その上まとまってもいないので、とても長くて…

僕は内心(すげえ!)と舌を巻いた。。。

《個別コンサルティング お客様の声》 これまでの人生で、ずっと求め続けてきたこと、 それが分かった。 もりやさんとのお話は、そういう場になった。「ああ、そうだったな」「ずっとそうだったんだよな」 と、はっきり分かったのだ。僕の場合、人生の宿題が…

稲妻が落ちたように響きました。。。

《 「魔法の話しかけ」お客様の声》 先日、『魔の2才児と中2病?心配ないです、大丈夫!(ギフテッド チャイルド 光の子どもたち。)』のトークライブで初めてもりやさんにお会いし、「このかたなら!」とそのあとすぐに【「言霊」で国語力アップ!「魔法の…

大阪日本橋のメイドカフェにて『生きることと物語ること』イベント参加。。。

土日は大阪に出かけていました。 初大阪での 初メイドカフェでした。 会場のメイドカフェ「Cafe Villange」を通り越してしまったのに気がつかず、他のメイドカフェに「ここだわ♪」と入ってしまいました。 入り口で受付しようとしたところで、 「今日、ここ…

人は『腑に落ちる』と、→『ラクになる』。。。

昨日、ご紹介した須永さんは、2通の感想メールを送ってくださいました。 1通目を受け取った後に『改訂版』として送られてきた2通目の方を、昨日はご紹介しました。 「長すぎて分かりにくいかと思って、直してみました。」とのことでしたが、 「最初のもよ…

『想像の外側』へとたどり着くこと。。。

コンサルティングを受けてくださった建築家の須永 豪(サバイバルデザイン代表)さんから、その日の夜にメールをいただきました。 「コンサルティングを受けようか、どうしようか、と迷っている方への参考となれば幸いです。私にとって『受けたことは宝』で…

良くない手札のトランプゲームのように…

家族の問題は重要度の高い問題であると捉えられているにもかかわらず、 解決することができない悩みとして捉えられがちです。 その理由は、 わたしたちは、親やパートナーや子どものこと、 誰一人として変えるなんてできない、ということを 感じているからな…

「…何も、ない。」という気づき。。。

「…何も、ない。」 という言葉とともに大きな瞳から涙があふれ出し、 透明な水晶のように美しい笑顔で 「来て良かった。」と。 コンサルティングが終わりに近づく頃、その瞬間は急に訪れます。 それはまさに奇跡としか思えず、 立ち会えた喜び、そして 「人…

そこから見えた景色。。。

☆コンサルティングのご感想を頂きました。 *・゜゚・*:.。..。.:*・゜ ゆうこさん 夜分にすみません。 お礼が遅くなってしまいましたが、昨日のコンサルティング、本当にありがとうございました! おかげさまで、心の置き所がすっかり変わって、帰りの車の中から、…

争いを終わらせる人。。。

穏やかな人は争いを終わらせることができる、と聞いたことがあるけれど、 本当にそうなのかもしれない。 2015年の年の瀬がいよいよ押し詰まった頃、わたしと夫は大喧嘩をした。 そこへ大学生の息子が1週間の帰省をし、再び学生寮に戻る時には わたした…

心が軽く、気持ちが楽に。。。

トークライブのご感想をいただきました。 *・゜゚・*:.。..。.:*・゜ ☆まさに2才児育児中。自分の声かけの仕方はこれでいいのか?娘に対してきつすぎないか?と日々反省のしっぱなしでした。大好きであることは伝えているのですが…。 今日、もりやさんの耳7割のお…

心に描いたイメージが現実に。。。

トークライブをご紹介してくださいました。 *・゜゚・*:.。..。.:*・゜ >もりやさんのトークライブ♪子育てで悩んでいた自分はそうだったのか(○_○)!!はぁ~そうだったのか( ̄□ ̄;)!!あ、そういうことなのか~( TДT)あはははははははは(*T▽T*)あはははははは…

欲しかった真実。。。

☆もりやゆうこトークライブVol.1『魔の2才児、中2病?心配ないです、大丈夫』にご感想をいただきました。 *・゜゚・*:.。..。.:*・゜ >やっぱりゆうこさんとお会いした日は、 心いっぱい温かいものに包まれて満タンになります。 娘にはチュッチュしちゃう…

光のこどもたち。。。

☆もりやゆうこトークライブVol.2『光のこどもたち』にご感想をいただきました。 *・゜゚・*:.。..。.:*・゜ 「同じような気持ちのお母さん達に行き会えた事がとても嬉しかったです。そして、とても安心しました。 こんな風に、いつも感じていることを包み隠さ…

もっと気楽で、ゆっくりで良いんだ。。。羽が生えたくらいに気持ちが軽い

☆もりやゆうこトークライブVol.1『魔の2才児、中2病?心配ないです、大丈夫』にご感想をいただきました。 *・゜゚・*:.。..。.:*・゜ >前回は息子が外に出たがったりしてしっかりとお話が聞けなかったのと、2歳を迎えて具体的に質問したいことが出てきた…

2002年 東京に台風が接近した日に。。。

2002年7月、東京に台風接近のニュースが聞こえた瞬間に「今からお台場に映画を見に行こう。」と、なぜか決めてしまったことがある。「今日なら間違いなく空いてるから。」と。 日曜日だったけど、お台場に向かうゆりかもめもシネマメディアージュもガラ…

憩の森以来、なぁ~んか、い~感じ、です!ふかぁ~いところで、なにか、納得、得心、があった、のかな。(長野県 K様)

☆コンサルティングのご感想メールを頂きました。 *・゜゚・*:.。..。.:*・゜ 昨日は、まず一つ、家族に私の感情を聴いてもらおうと する期待や願望を、自分がまだ持っていたんだ、と 気づけたのは、とてもいい発見でした。 これはもう、即、止め(断念し)ます!(…

決め事はひとつだけ…

自分を変えられるのは自分だけ。 自分以外の何かに変えられることが嫌だから、ずっとずっと転がりながら生きている。決め事はひとつだけ。 「わたしはダイヤモンドだから、 わたしを傷つけることができるのはわたしだけ。 わたしは決してわたしを傷つけない…

母と娘。ありのままで、受け入れることの難しさ…

男の子はありのままのお母さんを受け入れることが多いのだけれど、 女の子は自分の理想像をお母さんに望むことが多くて、 「もっと良くなってほしい。」という要求はけっこう厳しいものがある。 それも愛とは感じるけれど、なるべく早めにあきらめて ありの…

こどもと大人というけれど…

当時4歳だった息子は 夜中に声を殺して泣いている私に気づいて 一瞬驚いた表情を見せた後、 何も言わずに 自分が着ているパジャマの袖を ぎゅーっと伸ばして ただ 黙って私を見つめて 静かに微笑みながら 何も言わずに 私の頬をつたう涙を そっと抑えてくれ…

よく泣く男の子…

息子はよく泣く男の子だった。 後から「あの時泣いてくれて本当に助かったなぁ。」 と思うことが何度もある。 中2の時、 「お母さんの期待は僕にとって、お母さんが思っている以上に重荷っていうか…。」 と話しながらポロポロポロポロ泣いた。 (「そこ、す…

思春期の男の子に口を開けば小言ばかりのお父さん…

シルバーウィークの前日に長男が松本に帰省し、春休み以来久しぶりに家族4人の休日を過ごした時のことを Facebookに投稿したことがあります。 枝もたわわに実ったぶどう棚が広がる山辺でのおやつ後、思いついてそのまま高ボッチ高原へ出かけてしまい上着が無…

夫婦の先が見えなくて…

前夫とのコミュニケーションが上手くいかなくなってしまって言葉が出てこなくなってしまった時、 お腹の中に石がいっぱいつまったみたいですごく苦しかった。 誰にも相談できなくて、泣くこともできなかった。 いつも鏡に向かって笑顔を作った。 幼稚園バス…

「無理をしない」「頑張らない」のイメージは…

「かっこつけて難しいことをやろうとしてはだめだよ。」 「自分の力の6割でできる、って感じるぐらいのことをやるといいんだよ。」 「無理をしない」「頑張らない」のイメージを、 父はわたしに6割という言葉で示した。 「100点満点なら60点でいいん…

思春期のこどもたちを信じるには…

10月24日土曜日、Slow Cafe Mahaloさんでのトークライブ『魔の2歳児と中2病?心配ないです、大丈夫』 で、あるお父さんからこういうご質問をいただきました。 「中2病という、さなぎの時に親は子どもを信じる以外の手段を失う、だからそれまでの間に…

思春期、女の子のお父さんはどう接したら…

10月20日トークライブ『魔の2才児と中2病?心配ないです、大丈夫!』に2名のお父さんが参加してくださいました! お一人の方はたまたま会場のナチュラルベーグル歌の近所の歯科受診のために休暇を取っていらして、「ベーグル買っていこうかな、と思って寄…

【根っこのこどもたち】ホームページ openしました!

nekkomori.jimdo.com 根っこのこどもたち ホームページOPENしました。 どうぞよろしくお願いいたします。

【子育て相談室 根っこのこどもたち】ができること

【子育て相談室 根っこのこどもたち】ホームページ準備中 ♪近日中にオープンしますので楽しみにお待ちください♪ 【子育て相談室 根っこのこどもたち】ができること 1.子どもの視点を伝えること 視点が変わると、見える景色が変わる。 見える景色が変わると…

次、次、次、だよ。人生は前に進むだけ。

近所の人が挨拶を返してくれなかったって、娘に愚痴をこぼしたんです。 「よくある、よくある。」 「えっ、よくあるの?」 「学校で挨拶当番やると、挨拶しない人ってたくさんいるよ。 子どもはみんな挨拶するよ。しないのは大人ね。 子どもと一緒にいる大人…

パパに目にはママが素敵なお姫さまに見えてるんだよ

「きっとパパの目からはママがこんなふうに見えてるんだと思うよ。」と、娘が素敵なお姫さまの絵を描いて持ってきてくれました。 ママをいかに愛すか、が子どもたちにとってのパパの存在感です。 大事なことなのでもう一度繰り返します。 ママをいかに愛すか…

安泰な人生って何だろう?

安泰な人生を送ってほしいと願うけど、 安泰な人生って何だろうか。 失敗しても私は大丈夫って気がする、とか なんだか頑張って乗り越えられそう、とか そういう気分は案外大事だと思う。 子育てには「考える」と「感じる」、両方が大事だけれど、 どっちが…

これは何って聞かないで

引越しする時、 お隣に住む老婦人に 娘は絵を描いてプレゼントした。 帰り道 「さすがよね。『これは何?』って聞かないもん。 『これは迷路ね。』って言った。 『これは何?』って聞かないで『自分で考えろ!』って思うわ。」 とぽつり。 6才の娘が描いた…

風が懐かしい思い出を運んでくる

「風が懐かしい思い出を運んできてしまう~、戻りたくなってしまう~。」 夕方、洗濯物をしまおうとして窓を開けたら風が入ってきて。そしたら、娘が言った。 映画の台詞みたい。 「私ね、いやな思い出は思い出してもいいんだけど、いい思い出は思い出したく…

傍らで見守る行為と傍観者でいる行為は同じではない。

「中学生の親たちは、子どもたちの世界が見えないところで大変なことになっているって気が付いているはずなのに何もしない。それは、どうなんだろうか?」 という質問を受けた。 「傍で『見守る』という行為と『傍観者でいる』という行為は 同じではありませ…